kazuma top1
simone6.jpg
simone1jpg.jpg
DL210321psg-027.jpg
carrus32.jpg

ご挨拶

 

はじめまして

ジュニアゴルフNZ代表 小堀亮三と申します

こちらでは 私たちのことをご紹介させていただきます

 

 

私たちのご紹介とゴルフ経歴

 

 

私たちがニュージーランド南島に移住し早くも15年目を迎えます

 

その間に永住権も取得 13年前にノースカンタベリー・ランギオラに移り住みました

 

クライストチャーチ空港から北へ車で20分の場所にある カンタベリーの中規模都市ランギオラ

 

最近ではニュージーランド北島から移り住む方が増え続け 日々拡張の一途をたどっていますが

 

基本的にはリタイアした方々が多く住む のんびりのどかな郊外の田舎町です

 

長女の桃花は 現在HCプラス 5.7 (2022年8月現在) 

 

2016年 NZ女子オープン(ヨーロピアンツアー)予選通過57位タイ

2016年 ペパダイン大学入学 (Pepperdine Waves)

2017年 West Coast Conference 新人賞受賞

 

2019年9月 NCAA開幕戦McGuire Invitationalにおいて念願のNCAAトーナメント初優勝

​2019年  ニュージーランド代表として カナダアマ Spirit International Amateur 南米選手権出場

2020年  NCAA オールアメリカン受賞

2020年  ペパダイン大学卒業 (スポーツ医学専攻)

2021年1月  プロフェッショナルへ転向 NZPGAアカデミー入学

2021年1月  プロ転向後初のNZ国内試合ウィットホードプロ・アマ初優勝(史上初女子優勝者)

   

2021年 NZ国内ツアー通算3勝

2022年 WPGA(オーストラリア女子ツアー)トップ6に5回ランクイン

2022年 ヨーロッパへ渡りLETASツアー(ヨーロッパ女子2部ツアー)参戦 8月現在通算2勝

2022年 第一回アジアパシフィックカップ団体銅メダル(パートナー/リディア・コー)

​​

​​2歳から始めたオフロードバイクのハンドルをゴルフクラブに握り変え

 

サッカーとバスケットを辞め本格的にゴルフに専念して10年目にプロとなり現在23歳

クラブはコブラ ボールはタイトリスト アパレルはアディダスより

サポートを受けています

女子アマチュア世界ランキング最高位120位(2020/03/01)

 

​ロレックスランキング219位(2022/8月現在)

 

 

 

長男 一磨は 現在HCプラス 5.0 (2022/8月末) 

2017年 オーストレイジアPGAツアーNZPGA選手権優勝

2018年 NZナショナルチーム入り 以降国内外のトーナメントに多数出場   

2019年 NZストロークプレー優勝

2020年 Massey University入学(スポーツマネジメント専攻)

2022年4月 NZチャールズツアー ムリワイオープン優勝

2022年5月 JGTO ダイヤモンドカップ 6位入賞

2022年6月〜USアマチュア ウェスタンアマチュア サザンアマチュアなど全米7トーナメント出場

2022年8月 アイゼンハワートロフィー出場

どういうわけか老若男女(?)国内外問わず友達が大勢おり

アメフト・ゲーム・インスタグラム・ゴルフスペック談議・納豆をこよなく愛する20歳

クラブとボールはタイトリスト アパレルはフットジョイより

サポートを受けています

WAGR最高位 42位(2022年8月現在)

ジュニアゴルファーを見守り サポートする一人の親として

日本とNZ ジュニアゴルファーをめぐる環境はあまりに違います

日本では 例えばラウンド練習一つ取っても遠方に出かけていかなくてはなりません

ジュニアのゴルフ活動全てにおいて親御様の熱意と忍耐が必要とされる現実があります

正直私たちもNZに住んでいなければ果たしてゴルフをしていたかどうか・・わかりません 

NZには ゴージャスな施設設備や温泉こそありませんが

「誰でも望めばゴルフがすぐできる環境があります

加えて 感性の柔軟なジュニア世代のうちから留学を経験し英語圏の文化に親しむこともできます

始めのうちは会話に苦労することもあるでしょうが ゴルフは万国共通です

 

「たとえ英語が十分に話せなくても 自分の持つゴルフスキルこそ強力なコミュニケーションツール

 

となるのだ」ということをジュニアゴルファー自身に知ってもらい 自分のゴルフに自信を持って

頂きたいし 雄大なニュージーランド南島の自然にも触れてもらいたい

何よりプレーする喜びと情熱が 自分の道を切り開き その先へと導いてくれる原動力となることを

思い出して欲しい

柔軟な感性と吸収力を持つジュニア世代だからこそ是非 実感・体験してほしいことが山ほどある

ということを知って頂きたいのです 

私たちのゴルフはまだまだ発展途上 更なる高い目標を持ちつつ先を見据えておりますが

振り返ってみれば 毎日のファンダメンタルや技術習得ドリル 地道な体作りなどなど

それらをいかに飽きさせず意味のある内容に出来るかに

心を砕いてきたことが頭に浮かびます

無駄な一打など何もない 全てが学びであり 次へと繋がる経験となるのだと 

時には励まし また時には共に喜び 試合の一打の重みに緊張し・・・

そんなふうに子どもたちを見守りサポートし続けてきた1人の親としての経験を生かしつつ

「ジュニア世代に本当に必要なサポートとは何か」を常に念頭に置きながら

皆様の応援をさせていただきたいと考えています

最後までお読みいただき 誠に有難うございました

2022年 8月 吉日

ジュニアゴルフニュージーランド 代表

WGTF公認ティーチングプロ

小堀亮三